【ストレスなし】「ついついコンビニ」をやめれば、月に1万円は浮かせることができる

こんにちは、えすけい(@invest_miler)です。

最近「ポイ活」という言葉が少しずつ世の中に浸透しつつありますね。

PayPayやウェル活の影響なのかもしれませんね。

さて、今回は

「ついついコンビニに行っちゃう病」

について、考察していきます。

ついついコンビニ行っちゃう

よくありますよね。。。

自分も学生時代は通学路のコンビニにほぼ毎日立ち寄ってはスナック菓子を買って帰る、ということをしていました。

毎日積み重なると、結構な金額になるんですね。

社会人になってその「悪習慣」を断ち切ることができているので、その方法もシェアしたいと思います。

この記事を読んでほしい人
・コンビニに週に3回以上立ち寄る人
・貯金したい、けどできてない、という人
・衝動買いをしてしまう人
この記事を読んで得られる効果
・コンビニに行かなくなる
・衝動買いから逃れられる
・節約思考が身につく

では、始めていきましょう!

スポンサーリンク



1.ついついコンビニ病から逃れる3つのステップ

結論から言いましょう。

1.「コンビニで買う」という行為に満足しているのか、「商品そのもの」に満足しているのか、を考える。

これが、早速難しいポイントです。

自分は、「コンビニでぱぱっと購入して商品を手軽に手に入れる」という行為そのものに満足していました。

実際、コンビニでしか売っていない商品、なんてほとんどありません。

ファミマのスイーツが美味しいんだ、

セブンのお惣菜が最高だ、

という考えの方は「商品そのもの」に満足できているので、購入しても良いです。

商品そのものが高付加価値のものであればコンビニでしか買えない、ということなので、問題ありません。

本当ならスーパーやネット通販が安いが、コンビニでついつい手にしてしまう、という行為について今回は「バッサリと切り捨てて行きたい」と思います。

2.コンビニで買っているものはいつも同じものになりがちと気づく

コンビニでよく買うものが毎回バラバラ、ということはなかなかありません。

私えすけいの場合

・アイス
・スナック菓子
・冷凍食品
・ドリンク

でした。

コンビニの良さは、「時間の節約」です。

「遠くの安いスーパー」と「近くの割高のコンビニ」

という二択の中でコンビニを選択しているのでしょう。

また、「魚そのものが売っているスーパー」と「調理済みの煮魚が置いてあるコンビニ」

という二択の中でコンビニを選択しているのでしょう。

しかし、私のよく買うものリストを見てみると時間の節約につながる商品は一つもありません。

コンビニが近いというのはありましたが、通学路にはスーパーもありましたしスーパーの方が安いことも調べてわかりました。

実際、2倍までは行かないまでもコンビニで120円のものがスーパーで78円!などはザラです。

3.最安値の購入方法で大量買いをする

また、スーパーが最安値、というわけでもないのが昨今の事情です。

例えば、朝食のお供である「フルグラ」などはコンビニでは700円程度、スーパーだと600円で買えます。

しかし、さらに安いのは

通販

になります。

通販だと最安値で350円(セール時)、高くても500円台後半。

食品とはいえ、消費期限が長く在庫として長期保管ができるフルグラなどは通販でも十分に戦える、ということなのでしょう。

もちろん、野菜、豆腐などと行った生鮮食品?は通販では太刀打ちできません。割高になりすぎます。コンビニよりも高いはずです。

自分がよく買っていた
・スナック菓子
・ドリンク
・冷凍食品
・アイス

はコンビニが割高の商品でしたので、コンビニで買う価値は相対的に低くなります。

2.どれだけ節約できるのか

コンビニで買う
→他の方法で買う

もしくは

コンビニで買う
→買わない

という二つの方法で計算は変わります。

過去に

水筒を持っていくと超節約になる

という記事を書きました。

このようにして自分はコンビニで「ドリンク」を買うことはなくなりました。

月に20日、毎日150円支払っていたドリンク代が浮く

またスナック菓子などは通販を活用して33% 程度オフで買えるようになりました。

その結果としては月に1万円程度は削減することができるようになりました。

月に1万円が浮く、というのがどれだけ大きいか、というのは過去の記事でも複数触れていますが、「積立投資」に資金を回すことができますね!

また、年間で12万円を抑えることができるので、家族旅行1回分にも充てることができます。

3.節約思考になるために

節約、をするときに大事なのは

何を節約するのか、にフォーカスを当てることです。

時間なのか

お金なのか

ストレスなの

この中でお金を節約しても時間とストレスが増加するのは考えものです。

この3つ全てを節約できる節約術も数少ないですが、存在します。

しかし、その数少ない節約術にたどり着くのは非常に難しく、まずはこのうち2つの節約を目指して見てはいかがでしょうか

コンビニを使わなくなれば

お金を節約する(物理的満足)

ことができるようになります。

また、コンビニを使わなくなることで

無駄遣いから逃れる(精神的満足)ことができた

というストレス解放を得ることができれば完璧です。

コンビニに行けない、コンビニに行けない、というストレスが大きすぎてはいけませんね。

4.まとめ:コンビニに行かなくて良い!と気持ちよく思えるようになれれば勝ち

今回はコンビニについてフォーカスを当てましたが、コンビニ以外についても言えることです。

「何を買っているのか」
「何が気持ちよくて買っているのか」
「他にお得に買う方法がないのか」
「何を節約できているのか」

これらを考えて、メリットがデメリットを上回れば、実行してみる価値は大有りでしょう。

自分は、とりあえず実行して、ダメなら元に戻る、というのを繰り返しています。

時間・お金・ストレス、から解放されるような節約について今後も研究を重ねていきます。

このブログでは、投資や節約などについて思考した過程を記事としてまとめているので、

ぜひ他の記事もご覧ください!

では、また次の記事でお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
S.K

S.K

地方都市在住の20代独身サラリーマンです。 ANAマイルを貯めるマイラーとしての活動をメインに、個人投資家、ミニマリストの一面も。ふるさと納税や確定拠出年金・時短や癒しといった日々の生活の幸福度を上昇させる手法について研究しています。

ツイッターで最新情報を更新しています。フォロー&コメントお願いします!! m(_ _)m

ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ