【SFC解脱滑り込み】なんとか50000PP達成しました

今回は、2018年のSFC修行をギリギリで終えたことを記事にまとめようと思います。

・これからSFC修行をしようという人

ANA上級会員に興味がある人

はぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク



最終フライトからSFCカードが届くまで

自分は11月20日の

羽田(HND)-伊丹(ITM)

をもって50000PP越えを達成することができました。

これが当日夜のANAマイレージアプリの様子です。

これが、日付をまたぐと、、

朝になって、、、

その日の夜24時に、、、

これにて、ANAプラチナ会員が確定しました。

今年の1月から始めたSFC修行がようやく終わった、という感覚でした。

そして、プラチナ会員の画面よりSFCカードの申し込みを行い、12月の中旬にカードが到着した、というわけです。

申し込みからカード到着までの具体的な日数などはまた追って記事にしようと思います。

結局自分は◯回飛行機に乗った

自分は1月・2月・3月で合計6フライトをこなし、

9月・10月・11月で合計4フライトをこなしました。

ほとんどは
羽田-那覇 プレミアムクラス(プレミアム旅割28)

を利用し、出張の都合で数回伊丹空港を利用しました。

旅行や出張を同時並行で修行ができたので、かなり効率的だったかと思います。

費用についても、35万円をスカイコインで補うことができたので、持ち出しは10万円弱での修行となりました。

修行費用を抑える方法については以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。必見です。

この修行を振り返って、うまくいったこと・反省すること

うまくいったこと

1.費用を限りなく抑えることができたこと

貯めていたマイルをスカイコインに交換することで、持ち出しを最小限に抑えることができました。
修行の1年前から計画的に貯めることができたのは大きかったです。

現状でも70000マイル以上残っています。

2.繁忙期を外した修行ができたこと

4月-10月はフライト価格も高騰するので、修行には不向きです。

1月から3月に多くのフライトをこなせたのは、修行費用を抑えるのに効果的でした。

反省すること

1.冬のうちにあと2回くらいはフライトをこなしておくべきだった

仕事の都合で秋にフライトに行くタイミングが少なくなってしまいました。

なんとか滑り込むことはできましたが、最後はかなりハラハラしました。

2.PP単価は決して低くなかった。

OKA-SINルートなど、PP単価を下げるルートを取らず、国内線プレミアム特割のみで修行を完了させました。
なので、結果としてはPP単価は10近くになってしまいました。

まとめ:SFC修行は大変だったけど、楽しかった

PP単価と引き換えに、とても充実したSFC修行を行うことができました。

ラウンジの利用や優先搭乗など、今後SFC会員になった時の先取りをすることができたと感じています。

プレミアムクラス利用によるラウンジ利用を通して、やはりSFC会員になりたいと強く感じるようになりましたね。

修行のやる気を維持するためにも、PP単価だけにこだわる必要はないのかもしれない、と感じる修行でした。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

The following two tabs change content below.
S.K

S.K

地方都市在住の20代独身サラリーマンです。 ANAマイルを貯めるマイラーとしての活動をメインに、個人投資家、ミニマリストの一面も。ふるさと納税や確定拠出年金・時短や癒しといった日々の生活の幸福度を上昇させる手法について研究しています。
ここまで読んでくれたあなたにオススメの記事  ふるさと納税は「1万円で20kgのお米」をもらおう

ツイッターで最新情報を更新しています。フォロー&コメントお願いします!! m(_ _)m

ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ