イオン銀行の金利0.1%(税引後)はどれほどのものか

最近よく聞く話。

「昔は金利良かったから定期預金にみんな入れてたけど、いまは全然よね〜」

メガバンクでは定期預金でも0.01%とか。普通預金になると0.001%。
10万円入れて、1円。

そんな中、イオン銀行の「普通預金0.12%(税引後0.1%)」というのは少し良さそうに聞こえますね。

他の銀行とどれくらいの差があるのでしょうか。

今回はそれについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



イオン銀行の利率0.1%と他の銀行の0.01%を比較すると

結論から言いましょう。以下のグラフを見てください。

25年間毎年100万円を貯蓄し続けたとして、25年後の金額は2532万円と2503万円です。

ざっくりというと25年で30万円の差。

毎年1.2万円得できる、というところ。

大きいと見るか、小さいと見るかはあなた次第です(都市伝説風)。

そもそも100万円あったら投資を考えて見るべき

日頃から当ブログで申している通り、100万円あるのであれば投資を一考して見ても良いのかと思います。

サラリーマンであれば、生活防衛資金は最低限で済みます。

最低で3.4ヶ月生活できるだけの貯蓄(50-100万円程度でしょうか?)があれば十分でしょう。

それ以外は、非課税口座(NISAや確定拠出年金)での運用が現環境下では最適です。

もちろん目減りのリスクは伴いますが、それ以上に投資の価値はあると考えています。

貯蓄を増やすことも大事です。

しかし、

「銀行口座に300万円もあるぜ」というのがステータスの時代ではなくなっていることも認識しておいてください。

いまは、「保有している金融資産」の方が重要です。

ここまで読んでくれたあなたにオススメの記事  手取りが少ないからこそ、投資をしようよ
ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ