投資家兼マイラーは財布が小さい。その理由3つ。

今日は、投資家兼マイラーの自分(えすけい)の財布の中身についてお話したいと思います。

スポンサーリンク



財布の値段で年収が決まる?

巷では、財布の値段の100倍が年収になる、という話がありますが、それは財布を売るための売り文句であると自分は考えています。
どんな財布を使っているか、よりも「どんなお金の使い方をしているか」という方がよっぽど重要です。もちろん人前で財布を出す、という際に「お、高いものを使っているな、この人はお金に余裕があるんだろうな」という威厳を示す目的であれば財布にお金をかけることは賛成です。
自分なんかは、同僚や会社の先輩後輩との飲み会くらいでしか財布は出さないので、その点ではあまり財布に重きを置いていないのですね。

財布は小さく、軽く

財布を小さく、軽くするメリットは大きく3つあります。

メリット1:ポケットにちゃんと入る

財布は当然ながら貴重品なので、常に身につけておくのが最も安全な保管方法となります。長財布を使っている人は後ろのポケットから出ているのが目につくことが良くありますよね。実際、電車でも財布が出ていて不安全だな、と思うことがしばしばあります。
小さい財布はしっかりとポケットに収まるため、安全管理にも最適です。

メリット2:定期的に財布を整理する習慣がつく

財布そのものが小さく、カードは5枚程度、小銭は10枚しか入りません。なので、レシートが2枚入るともう目一杯ですから強制的にレシートなどを整理しようという気持ちになります。

無くしたときのダメージが小さい

カードや現金を最小限だけ持ち歩くようになるので、万が一無くしてしまった際でもダメージは最小限ですみます。

財布に入れているもの5選

1.運転免許証

身分証明書代わりです。運転するときにも必携ですし。これは社会人であれば当然かと。

2.保険証(のコピー)

保険証のコピーを持ち歩いています。保険証自体は会社から与えられているものなので、無くすとダメージが大きいです。なので、自分はコピーを持ち歩いています。もちろん正式書類ではありませんが、万が一、というときにはコピーでも代用することができるのでコピーで十分でしょう。後日カード本体を病院へ持っていけば問題なしです。

3.Kyash

先日の記事でまとめましたが、これ一枚で3%の還元率です。さらに、アプリへの反映も早いため不正使用もいち早く気づくことができます。

4.当日使うカード(銀行キャッシュカードや美容院やスーパーのポイントカード)

毎日持ち歩く必要はないが、月に1度くらいは使う、というものについては玄関にまとめて置いてあります。当日持ち出して帰宅次第すぐに元の位置に戻すようにしています。

5.千円札2枚

どうしても現金しか使えない、というところについてはこの2枚で対処します。自宅に千円札は常に10枚程度は置いておき、常に2枚は財布に入れておくようにしています。

投資家としての財布との付き合い方まとめ

投資家として、長期的な視点でプラスになることに重きを置いています。現在の自分は営業系の仕事もしていませんし、会社のポストとしても決して重役ではありません。というか階層の一番下です。汗
もう少し出世をして、後輩を大勢持つようになると少しは持ち物にも気を使わないといけないのかと思いますが、今の所はこのままの小さな財布でやっていこうと思います。小さな財布自体はスーパーの安売りで1000円くらいで買えるので、特売日などに見てみてください。

今回は、少し軽めの記事でした。次の記事でお会いしましょう。

ここまで読んでくれたあなたにオススメの記事  【えすけい流】確定拠出年金とつみたてNISAは先進国:新興国=9:1
ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ