【まだ現金使ってる?】半年間、現金をほぼ使わずにカードで生活した感想

現金派からカード派になって、だいたい半年が経ちました。半年経って、色々思うことがあるので、まとめておきたいと思います。

スポンサーリンク



現金派からカード派になった理由

自分は、親の影響もあって、20歳を過ぎてもずっと現金を中心とした生活をしてきましたが、半年前から現金を使うのをやめカードでの支払いを中心にするようになりました。自分が半年前カードに変えたいな、と思った理由は大きく3つあります。あくまでカード派になる時に思っていた想像です。

どのお店でもポイントがたまる

クレジットカードは、支払い100円/200円ごとに1ポイントがたまり、そのポイントでお得に生活ができる。

なんとなく「カードで支払います!」がカッコ良さそう

スーパーや家電量販店でクレカ支払いをしているお客さんを見て、「かっこいい」と感じたことです。

財布を落としても、カードには保証がある

自分は過去に財布を落としたことがあり(後日見つかったのだが)、その時に現金が入っていると盗まれる可能性が高い。一方で、クレカであれば保証もあり、利用を停止することもできるので安心。

使い過ぎ対策として

一方で、預金以上の金額も使うことができてしまうので、対策を立てることにしました。
それは「限度額を下げること」。
カード作成時は限度額が50万円与えられていましたが、それを20万円まで下げました。支払いが行われるまでに使える金額が20万円ということなので、実質は月に使えるお金は10万円です。月に10万円であれば、なんとか支払いに耐えられるという確信がありました。もちろん月に10万円も使わない、というのが前提ですが。

主に使っているカード2枚

カード自体は5枚以上持っていて、場合によって使い分けをしていますが、主に使っているカードは以下の2枚です

メインカード:楽天カード


日々の支払いは、このカード。(後日Kyashについてはまとめようと思っていますが、クレジットカードとしては楽天カードです)
年会費無料で、100円で1ポイントたまる、というのはとても大きなことです。楽天ポイントもたまり、お得なことだらけです。

楽天カードはポイントサイトからの申し込みが便利です。ポイントサイトについては先日記事にまとめているのでみてみてください。

サブカード:ソラチカカード


交通系ICカードのオートチャージの設定をしています。また、別記事でまとめていますが「ソラチカカード」はANAマイルを貯めるのにキーとなる大事なカードです。年会費は2000円強なので、安くありませんが毎年マイルをもらうことができるので結果としては年会費はペイできていると考えています。

半年経って再認識したカード派のメリット・デメリット

メリット1:支払いがスムーズ

1512円の支払いの時、2000円を腹い488円のお釣りをもらう、とか、2012円で500円のお釣りをもらう、とか、余計な手間がかかりません。
「カードでお願いします」で支払いが終わるのは、自分にとっても、レジの担当者さんにとってもメリットでしかないです。
サインやパスワードが求められる場合もありますが、支払いの手間に比べれば全く苦になりません。
レジなどで前に並んでいるお客さんが現金でもたもたしていると、過去の自分を思い出してしまいます。

メリット2:財布が軽くなる

クレカにすることでいらなくなるものがあります。

現金

自分は現金を全く持たなくなりましたね。もちろん万が一のために1000円札は一枚二枚入れていますが小銭はまるで0です。
それだけで財布の膨らみが抑えられますし重さも半減近くになります。

キャッシュカード

現金を引き出す必要がないのでキャッシュカードも持ち歩くことがなくなりました。たまに現金が欲しい、という時だけ家から持ち出して近くのコンビニで引き出すようにしています。以下の記事も見てみてください。楽天銀行はおすすめです!

メリット3:支払いがアプリで管理でき、家計簿がわりに

楽天カードは、専用のアプリで支払いを可視化!何にどれくらい使っているかも一目で把握できます。

メリット4:ポイントが想像以上にどんどんたまる!

1%っていうのは本当に大きく、月に10万円分使うと1000円分のポイントがもらえます。簡単なランチなら2回分は浮きますよね。
自分はこれのおかげもあって楽天のダイヤモンド会員になることができています。

デメリット1:現金しか使えない店は思ったより多い

街中の飲食店を中心に、現金のみの支払いのお店はまだまだ多いです。交通系ICカードで支払えるお店があればそれで支払っていますが、それ以外の場合はなけなしの1000円札を使っています。もしくは友人に払ってもらい、後日銀行送金したりLINEペイで送金したりしています。LINEペイについてはまた後日まとめる予定です。

デメリット2:飲み会などでの現金徴収に弱い

先述のデメリットと似ていますが、現金に圧倒的に弱いです。飲み会の前などに「1人3000円ね」と言われてしまうと自分だけない、ということになります。自分はそうならないように事前に幹事の口座に振り込むとか、その日だけは現金を下ろして持っていくなどしていますが、日頃現金を扱わない分少し違和感があります。現金派の時はこれが普通だったのに。。。笑

デメリット3:慣れるまでは月末の支払いで気持ちがへこむ

月末に10万円近い金額が引き落とされるので、少し精神的にくるものがありますが、これはなれの問題であり、その場で支払うかあとでまとめて支払うか、の違いです。これが違和感ある人はデビットカードでもいいでしょう。おすすめはLINEペイのJCBプリペイドです。これもまた後日記事にしようと思っています。

まとめ・今後の方針

ここまでメリットやデメリットを列挙してまいりましたが、メリットの方が大きいと思っています。
今から現金に戻れ、と言われても「無理」となるでしょう。
これからもクレカを中心に使いつつ、より良いカードを模索しつつ、使い方などを思考錯誤して行きたいと思います。
みなさんもぜひ参考にしてみてください。

ワンクリックにご協力お願いします!
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
スポンサーリンク