【サービスで選ぶと給与口座は絶対にここ!】メガバンクから楽天銀行に変更します。

給与口座を大手銀行(メガバンク)からネット銀行である楽天銀行に変更しようと思います。職場を見てもメガバンクを指定している人が多い中、自分が変更に踏み切った理由を説明したいと思います。

スポンサーリンク



もともとメガバンクを使っていたわけ2つ

もともと自分はメガバンク(みなさんが思い浮かべられる3?4?つの中の一つです。)を使っていました。その理由としては以下の二つですね。かなりの方がこれに当てはまるのではないでしょうか。

最初に作る口座はメガバンクになりがちでそれがそのままになっている

90%以上の方がこれに当てはまるのではないでしょうか。自分もそうでした。正確には親が自分が生まれた時に口座を作っており、その口座が偶然メガバンクだった、というところです。自分も学生時代はその口座にアルバイト代が振り込まれていましたし、クレジットカードなどの引き落としもその口座からでした。一度引き落とし設定をすると、どうしてもその口座が中心になってしまいます。自分もついこの間までその状態でした。
また、CMや街の看板などをみると最初に作る口座はどうしても有名どころになってしまうことが多いですね。別に悪いことではありません。「最初に選んだもの」を人間は愛する傾向がある(実際にクレジットカードも最初の一枚を長く愛用する傾向がある)ようですし。

世間体?を気にした無難な選択だと思っていた

「メガバンクにしておけばなんとなく安心かな」
「潰れる心配もないからお金もちゃんと守ってくれそうだし」
「何かあったら銀行員さんに聞けばわかるからね」
半数くらいの方はこう思っていると断言できます。自分も思っていましたから。汗

楽天銀行に変更しようと思った3つの理由

最近の銀行の不祥事や銀行マンを見ていて、「自分の預けているお金が、巡り巡ってこの人たちの高給になっているのか」と思うと、いてもたってもいられなくなった、というのが最初の動機です。銀行関連の職業の皆様すみません。。。きっと一部の人だけのことなのですが、「自分の預けているお金はメガバンクだからと言って、安心しきってはいけないのだな」と思うようになりました。
メガバンク、に頼りすぎ、自分で考えなさすぎなところを反省して、銀行について調べるようになりました。もちろん消費者サイドからの研究ですので、内部事情については全くわかりませんが。その中で楽天銀行を選んだ理由は以下の3つになります。

2.各地のATMが月に7回まで利用可能!


(楽天銀行HPより)
セブン銀行ATMなど全国のコンビニや駅のATMで月に7回まで無料で「預け入れ」「お引き出し」が可能。
自分はほとんどクレジットカードでの支払いをしていますので、月に3回もあれば十分です。それが7回もついていれば、現金派の方でも十分なほどでしょう。メガバンクにも無料の回数はありますが、7回も、というのは他にないでしょう。

1.他行振込が月に複数回無料に!


(楽天銀行HPより)
給与振込口座に指定するだけで、他行振込が3回無料になります。
自分は結構銀行振込を多用する(現金を持ち歩かないので、誰かにお金を渡す時は口座振込にしています)ので、これは嬉しいですね。振込手数料がタダなのは、ネット銀行の大きな特徴です!

4.楽天ポイントと相性抜群


(楽天銀行HPより)
楽天ポイントが圧倒的にたまるようになりますし、またそのポイントで振込手数料を補完することもできます!
楽天ポイントについては以下の記事も参考にして見てください。

3.普通預金金利が0.1%と大手銀行の100倍!?


(楽天銀行HPより)
楽天証券と口座を結びつけておく(マネーブリッジ)だけで預金金利が0.1%になります。もともと0.02%とメガバンクよりも圧倒的に高いのに、さらに5倍になり、結果として0.1%と他では見ない普通預金金利になります。(とはいえ0.1%ですので、預金額が小さい間はそこまで大きな差にはなりませんね)

口座変更を完了するまでの流れ

楽天銀行の口座開設

まずは、楽天のサイトから口座を開きます。
https://www.rakuten-bank.co.jp/merit/?l-id=top_T_navi_140707_CO223
こちらのサイトから楽天に飛んで、口座開設手続きをしてください。

また、直接楽天銀行のページに飛ぶよりも「ポイントサイト」を経由するだけで1000円以上のポイントが手に入るチャンスがありますので、ポイントサイトに登録してからそのサイトから楽天銀行に飛ぶだけです。
ポイントが貯まりますいサイトについてはまとめてありますのでご覧ください。

また、その中でもハピタスは楽天銀行の高いキャッシュバックを行っているので、ぜひ見てみてください。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

会社に変更申請

これについては各社で違うとは思いますが、いまの時代ネットでボタン一つで口座変更願いにたどり着き、銀行コード・支店コード・口座番号を打ち込みます。
誰かに相談して変更する、という手続きは必要ありません。もし、ネット銀行に変えることにお咎めがあるのではないか、と不安に思っている人がいるならそこは安心してください。

ちなみに楽天銀行の銀行コードは、「0036」です。

(申請許可後)各種引き落とし口座の変更

クレジットカードや公共料金の支払い口座を変更しておきましょう。

注意点:毎月の支払いの二ヶ月分くらいは元の口座に残しておいてください。手続きが間に合わなかったりミスをしている可能性があるので、引き落とし期限に口座にお金がない、となると支払い遅延となり皆様の「信用情報」に傷がつきます。二ヶ月分あれば十分に耐えうるでしょう。

ネット銀行を指定することで会社から変な目で見られない?懸念点まとめ

ネット銀行ならではの不安もあると思います。だいたいは下の3つに集約されるので、まとめて書いておきますね。

会社から変な目で見られないか

これについては全く心配する必要はありません。担当者も誰がどの口座を使っているかについては知り得てもそれを他人に伝えることは個人情報保護の観点で禁止されています。また、近年はネット銀行の普及もあり、口座を変更する人は0ではないので、そこまで目立つ行為でもありません。

ネット銀行で信頼できるのか

これについては、楽天銀行はメガバンク並みにセキュリティに敏感です。

また、メガバンクよりもネットバンキングやネットでの残高照会のセキュリティや利便性は高いので、心配は全くありません。
また、預金保護が1000万円まであるので、万が一経営破綻しても我々の預金は1000万円保護されます。

対面でのサービスはないが心配はないか

これについては、ネットに慣れているか、というところに集約されます。困ったらまずネット!、という習慣がある人であればいですが、お店に行って解決する、という方にとっては少し不便に思うところがあるかもしれません。
これについてはネット銀行全体の弱みです。楽天銀行は電話やメールでの相談に対応しているので少しは安心できるでしょうか。

まとめ

ネット銀行について、また楽天銀行について知ることはできたでしょうか。
給与振込口座は毎月のことなので、少しでも得をするために、一つの行動が大きく未来を変えていきます。
ぜひ、自分に最適な銀行を見つけてくださいね。

数日後、変更申請が無事に承認されたかをチェックしたところ、なんと却下されていました。理由はよく分かりませんが、楽天銀行はダメなようです。
次の手を考えなくては。。。

ワンクリックにご協力お願いします!
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
スポンサーリンク