【意外とバカにならない】お昼ご飯をコンビニ弁当から自作に変えるとコストはどうなるか

スポンサーリンク



職場でお弁当の話題に

先日までお昼ご飯をコンビニや外食をしていました。
コンビニですとお弁当とサンドイッチ、ドリンクで800円くらい、外食ですとワンコインから1000円くらいまでの値段がかかります。

学生時代からそういう食生活だったのでそれくらいは必要経費(お弁当を作る手間などを考えても)かと思っていました。

しかし、朝10分早く起きてお弁当を作るようにすると、食費を大きく下げることができたし、コンビニ弁当を買いに行く時間も削減できたのでお昼の時間を有効に使うことができるようになりました。

今日たまたま職場でお弁当作りの話になったので紹介しようと思います。

お弁当作りのメリット

何と言っても安い

だいたいご飯とおかずで200円しません。ご飯については無料で「仕入れて」いるのでおかず代だけですし。
以下の記事に載せてあるので見てみてください。


一回の食事で500円以上削減できると大きいですよね。月に15000円。年間180000円削減です。180000円あれば小さな投資なら十分できますよね。

意外と手間は少ない

学生時代に親にお弁当を持たせてもらっていて、朝早くから作っている姿を見てきました。なので「かなり時間も手間もかかる」と思っていたのですが、意外や意外そうでもないのです。それは、「冷凍食品」に助けられている部分が大きいです。なんだ、冷食か、と思う方もいるでしょうが、冷食にもいい部分はたくさんあるんですよ。
まず、美味しい。最近の冷食は本当に美味しいです。
次に、自然解凍OKのものが多いので、朝冷凍庫から取り出してお弁当箱におくだけでOK。
最後に、保冷剤がわりになり、腐るのを防止してくれます。お昼頃にいい感じに溶けて食べごろです。

お昼ご飯が楽しい

職場のほとんどの人がいわゆる「買い弁」ですので、手作りだと話題になりますし、興味を持ってくれます。
みんなに「冷食かい笑」、ってバカにされますがそれもまた楽しいものです。笑
今後に期待してもらっています。

お弁当作りのデメリット

作る時・洗う時の手間

確実にこの時間は必要になってきます。
朝ごはんを冷まして、おかずを詰めて保冷袋に入れて持ち出す。
お昼ごはん後はお弁当箱を洗って乾かす。
合計して15分くらいはかかりますね。弁当を買いに行く時間(昼時は混みますし、、、)と比較するとあまり気にならないかもしれませんが。

腐るリスク

これは大きな部分ですね。しっかりと冷やして、職場でも涼しいところにおくことが必要です。自分は出勤後、すぐに職場の冷蔵庫に入れてます。お昼ごはんだけでなく、稀に夕ご飯も入れるのでかなりの場所をとっちゃってます汗

荷物になる

自分が最近思うデメリットはこれが一番大きいですね。限られた通勤カバンにおいて、かなり荷物になります。
これはフォローしようがありません。
対策を考えているのですが、なかなかに見つかりません。また、見つかれば投稿しますね。

自分はこれからもお弁当作りをして行こうと思っています。続けて行く中で気づけることも多いと思います。
ぜひ挑戦して見てください!

ワンクリックにご協力お願いします!
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
スポンサーリンク