ふるさと納税はお米一択である理由

ふるさと納税精度が始まって数年が経ち、多くの方に知られるようになってきました。

総務省の通達もあり、最近では「超お得」な返礼品は減りつつあります。

その中で、限られた納税限度額を有効に活用するためには、どこに納税するのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク



ふるさと納税でもらうべきもの

先に結論を言ってしまうと、「生活必需品(Need)」。

Need、という単語は私のブログでもよく出てきますが、「必要なもの」という意味です。

ふるさと納税は、○円を特定の地区に納税することで返礼品がもらえる、という制度なので、返礼品を「プレゼント」と認識し、iPadやお掃除ロボット、自分へのご褒美などをもらう方も多いのですが、それは金銭効率的に正しいものではありません。

生活必需品の中でお米である理由

金銭効率の話の続きですが、ふるさと納税には「返礼率」という物差しがあります。
1万円を納税して、いくら分の返礼品がもらえるか、という率のことです。

実はiPadなどの家電類は返礼率が非常に悪く、15万円程度の納税が必要になることが多々あります。返礼率は30%を切ることがほとんどです。
それに対してお米は返礼率が総じて高く、60%を超えることも多いです。
お米以外にも様々な生活必需品はあるのですが、お米を選ぶべき特徴として

・必需品の中でも返礼率が高い
・比較的日持ちする
・数回に分けて発送してくれる
・重いので配送してくれることがそもそも助かる

などが挙げられます。

必需品を返礼品としてもらい、自分が欲しいものは余裕が生まれたお金を使って、「お金をかけて買う」ことが自分の満足にも繋がります。わざわざお金をかけて買った贅沢品、と、返礼品プレゼント、では前者の方が長く使いたくなりますよね。

結論

生活で絶対に使うものをふるさと納税でまかない、余った生活費を投資に回す、や自分のプチ贅沢に回す、というのが一番良いのではないかと思います。
あくまでNeedを満たし、生活費を浮かせるというのが基本の考えとなります。

ここまで読んでくれたあなたにオススメの記事  【毎月コツコツと】保有しているクレジットカードを毎月利用することが将来の信用情報に響く
ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ