ANAマイルを最も効率よく獲得できるクレジットカードとは?

スポンサーリンク



ANAマイルを貯める様々な方法

ANAのマイルを貯めるには、「搭乗して貯める」「ポイントサイトで貯める」「クレジットカード決済で貯める」などがあります。

どのクレジットカードを使うかによって獲得マイルは数倍変わる?

クレジットカード決済の場合、多くの場合

決済額の[0.5〜1%]程度のマイルを獲得できるのですが、今回紹介するカード、やり方によって1.5%以上にすることができます。

また、獲得ポイントをマイルに交換する効率が良いカードも紹介していきたいと思います。

オススメカード2選

1.ANA Visa ワイドゴールドカード

2.ソラチカカード(ANA To Me Card Pasmo JCB)

それぞれ説明をしていきます。

ANA Visa ワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカード

基本スペック

年会費:本カード 14000円 家族会員 4000円  (税抜表記)

入会時・更新時それぞれ2000マイルを付与

搭乗によって獲得できるマイルにさらに25%付与(例えば往復で1000マイル獲得できる飛行機を利用した場合、クレジットのサービスにより実質1250マイル獲得できる)

さらに以下のサービスも付帯している。

ANA ワイドゴールド サービス

ANA ワイドゴールド サービス

ここからが本題!決済額の1.5%以上をマイルとして獲得する技

このクレジットカードでは

本来のマイル獲得(1%分)

支払総額が一定を超えると獲得できるポイント

リボ払い設定による追加獲得ポイント

がある。

一般的なカードでは、「本来のマイル獲得」の分しかマイルは獲得できないがこのカードの場合はさらに2つの獲得経路が存在する。

その方法については今後紹介していくとしよう。

この方法によって、決済額の最大1.7%のマイルを獲得することができるようになります。

2.ソラチカカード(ANA To Me Card Pasmo JCB)

基本スペック

ソラチカカード 基本スペック

このカードの最大の特徴:ANAマイルの交換効率がダントツ!

一般的なクレジットカードでは、ポイントからマイルに交換するとマイルは50%ほどになってしまうが、このソラチカカードの場合は90%、というあり得ないレベルの交換効率を誇るのです。

ハピタスやちょびリッチなどで獲得したポイントも当カードを経由することで最大限マイルに交換することができるようになると思います。

→ハピタスやちょびリッチについてはこちら

ワンクリックにご協力お願いします!
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
スポンサーリンク