【金欠の人必見】コスパ最強のプレゼント10選

さて、そろそろクリスマスです。今年も終わりですね。
友人と、恋人と、家族と、楽しい思い出を作る!と同時にいろいろとまあお金がかかるわけです。今回はその中でもみなさんが頭をかかる悩み
「プレゼント」
について語ります。あと、オススメの商品もランキング形式で紹介しますね。何と言っても「安くて喜んでもらえる」の軸で選んでいますので、金欠に苦しむ方がいましたら(自分もそうです)ぜひごご覧ください。
プレゼントについては、クリスマスに限らないので、ぜひ色々活用してみてください。

スポンサーリンク



喜んでもらえるものってなんだろう

悲しいかな、喜びと費用は比例する

冒頭から、沈んだ話になりますが結構事実だったりします。同じ人から1万円の時計と10万円の時計をもらったらどちらの方が嬉しいでしょうか。いろいろな条件によって答えは変わってくるとは思いますが大抵は「10万円の時計」でしょう。
それは、いいものをもらえた嬉しさもありますが、それ以上に「これだけのお金を出してくれた、身を削ってまで自分のために払ってくれた」という嬉しさだと思います。
さて、これだけの話だと「なんだ、結局はお金か」となるのですが、この話は続きがあります。

時計以外を例にしたらどうか

さて、では別の例で考えてみましょう。
1000円の靴下と1万円の靴下ならどうでしょうか。1万円の靴下ってとても贅沢ですよね。もしかしたら10万円の時計よりも「高級レベル」で比較すると靴下の方が上かもしれません。時計は10万円でも最高級品ではないです。上を見ると何百万円っているのはいくらでもあります。だとすると時計で「最高の嬉しさ」を提供するのはパフォーマンスが悪すぎることになります。これはダイヤモンドとかルビーの指輪でも同じことが言えます。

つまり何が言いたい?

資金力のない人(私のこと)は、「最高級品が数百万するもの(時計など)」を買うのは不利になります。
それならば、最高級品でも数万(高くても10万くらい)くらいの商品にターゲットを絞り、その中で「そこそこいいもの」を選ぶのがいいのではないでしょうか。

具体的にはどんなものがいいか

自分がここ数年で選んでいるもの、またもらってとても嬉しかったものに共通していることは
「月に一回以上使う(でも毎日は使わない)」かつ「すでに家にあるアイテムの上位版」ということ。
そこそこの頻度で使う「生活用品」の上位版であれば、「嬉しさ」や「ありがたみ」を感じる機会も多く良いプレゼントです。

では、商品を選ぶ

自分が考えるオススメ10選(クリスマスに限りません)

イヤフォン


10位は、イヤフォンですね。最近では、イヤフォンはいくつあっても良いですし、さらにはiPhoneにおいて有線イヤフォンが使いにくくなった、ということもあり無線のBluetoothイヤフォンは重宝されること間違いなしです。自分も3つ持っています。

ドライブレコーダー


最近の事故のニュースで何かと話題になるドライブレコーダー。実は高そうに見えてそこまでの値段はしませんが、それを知らない社会人の方が本当に多すぎる。だからこそ普及しないのですね(確か普及率は3割もなかったような)。
相手の車にドライブレコーダーが付いていないことを確認する必要がありますが、確認さえできれば「あ、それちょうど欲しかったんだよね」と思ってもらえること間違いなし。「自分の安全のことを考えてくれているのか」と好印象をもたれることも??

キーファインダー


スマホや家の鍵、リモコンなどが「欲しいときに出てこないこと」結構ありますよね。このファインダーをつけておくことで、音と光で場所を教えてくれるので、細かいストレスから解放されると思います。注意点は本体(音を鳴らす命令を出す機械)は常に何かに結びつけておくこと。本体がなかったらまるで役に立ちません。

タンブラー


プレゼントの筆頭格ですね。1人幾つあってもそこまで気にならないですし、使用頻度も高い。ことあるごとに「あ、これは〇〇さんからもらったんだっけ」と思い出してくれるはずです。

マネークリップ


最近の流行を少し掴んだ一品。財布すら持ち歩かない、という最新のトレンド(?)を掴んだ商品なので、世の中の流れに敏感な世代・層に対しては最適だと思います。また、そこまで仲が良くない人にプレゼントする場合でもこのくらいの値段であれば、お互い気を使わずに済むでしょう。

財布



日常性・常に持ち歩く、という点でプレゼントの代表的なものの一つ、財布ですね。相手の好みや買い替えのタイミングは計らなくてはいけませんが、ハズレがありません。ことあるごとにカバンから取り出されるため「ブランド」や「見た目」が重要視されることもあります。予算との兼ね合いの中で最適なものが見つかるのなら財布以上のものはないでしょう。

加湿器


これは、冬のプレゼントとして有効でしょう。相手が女性の場合に限定されることになりますが、アロマに興味はあるが自分で買ってみようとは思わない、という人は多いはず。アロマに対応している加湿器だけプレゼントして、「じゃあアロマは一緒に見にいこうか」というものかなり「あり」でしょう。

スプーン


自分がもらったプレゼントの中で一番印象に残り、かつ今での重宝している一品です。プレゼントって「自分では買わないけど、買ってもらえたら絶対使う」というのがもしかしたら一番良いのかもしれませんね。

ドルツ


はい、実用性・価格面・普遍性(誰にでも喜ばれる)を満たしているのはやはりこういう製品でしょう。歯磨きについても「CMで見たことあるけどこんな高い歯ブラシはいらないや」と思われてしまいがち。そこでこのような「ハイモデル(とはいえ1万円強)」は喜んでもらえること間違いなし。「こんな高いもの、わざわざありがとう」と言ってもらえる確率も自分の経験値では一番高いです!!

番外編:どうしても金券にしなければならない時

プレゼントをあげる相手の好みが全くわからなかったり、プレゼント交換会などの場合で「誰に渡ることになるか全くわからない時」もあると思います。その時は金券にするのが無難ですが、そこでも一つポイントがあります。

それは「一回では使い切れないポイントにすること」です。
どういうことかというと、例えば「デパート商品券3000円分」とかだと、5000円の洋服を一着買うのにお金の「足し」としてしか使うことができず「なんならもう少しくれても良かったのに」と思われてしまいがちです。

しかし、スタバカードであれば、3000円分はかなり高額ですし、絶対に1回で使い切ることはできません。なんなら1ヶ月は持ちます。
また、LINEで使えるポイントであれば1000円分でもかなり喜んでもらえます。スタンプが5個くらい買えます。

実際自分も、宴会の幹事などをするときには、年齢層が高いときにはスタバカード、低いときにはLINEギフトカードを景品にしています。

皆さんも、ぜひ楽しい年末を。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ワンクリックにご協力お願いします!
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
スポンサーリンク





フォローする