【積み立てNISA】口座開設から運用スタートまで徹底解説

今回は、2018年1月から施行される「積み立てNISA」についてその始め方を一から解説していきたいと思います。

スポンサーリンク



積み立てNISAとは

NISAって何?


NISAとは、
2014年にスタートした「少額投資非課税制度」です。
NIPPON Individual Saving Account が省略されてNISAという名称になっています。
ざっくりとまとめると、
「日本人よ、投資って世の中の会社の為になるし、それが巡り巡ってみんなの利益になるんだ。
投資にかかる税金を免除するから投資しませんか」
と言うわけです。

現行のNISAとの違いは?


(SBI証券ページより引用)
ざっくり言うと、「年間120万円投資できるけど5年だけだよ」がNISA、
「年間40万円しか投資できないけど20年続けられるよ」が積み立てNISAとなっています。

メリットとは?

・長期投資による複利の効果を得られる
・年間の積み立て限度額が40万円であり、会社員でも十分に枠を使いきれる
・ドルコスト平均法により暴落への不安を少なくできる

デメリットとは?

・年間積み立て上限が現行NISAに比べ少なく、資金を持っている人にとっては運用しづらい
・個別銘柄への投資ができない
・指定された長期投資向け商品しか購入することができない

結局お得なのか

積み立てNISAをすべき人は、

・年間40万円程度なら投資に回すだけの余裕資金がある人(100万円以上の余裕資金がある人は、現行NISAをおすすめします)
・投資に関して初心者であり、じっくりと勉強していきたい人

ですね。

積み立てNISAの商品は、「本当に便益をもたらす投資商品」だけしか扱うことができない(金融庁が指定している)ので、初心者でも積極的に活用していけると思います。

証券会社選び

証券会社って何?

証券会社とは、株式や投資信託を販売している会社のことで、積み立てNISAを始めるに当たってはどこか一つの証券会社を選ばなくてはいけません。

パソコンを買うのにはどこかのお店を選んで買いますよね?それと同じようなことです。

証券会社ごとの違いは?

主な違いは、「扱う商品」「手数料」です。

銀行をイメージしてもらえるとわかりやすいのですが、銀行はそれぞれ預金金利やATM手数料が違いますよね。
それとほぼ同じことが証券会社でも起きています。

おすすめの証券会社2選

・SBI証券

★圧倒的な手数料の低さ

★取り扱い商品の豊富さ

・楽天証券

★取り扱い商品の豊富さ

口座開設まで

【最重要】キャッシュバック登録

では、どこの証券会社を利用するかが決まったところで、証券会社の口座の開設をしていきましょう。
しかし、その前に確認しておくことがあります。

それは、「口座開設によるキャッシュバック」です。

各証券会社は、できるだけ多くのお客さんに口座を開いてもらいたいので、口座を開くと「4000円キャッシュバックしますよ」とか「永久に手数料無料!」といった広告を打っています。
しかしそれを知らずに、真っ正直に公式ホームページへアクセスしてしまうと「口座開設はこちら」ボタンから何のキャッシュバックを得ることもなく登録させられてしまいます。

キャッシュバックを得るには「このボタンをクリックして公式サイトにアクセスすることでキャッシュバックを得られます!」と言うページを見つけることが必要になってきますが、ネットで見つけるのはなかなか困難。。。

そこで、今回はそのページを見つけ出す最短の方法をお教えします。

その方法とは、

ハピタス

というポイントサイトを経由して申し込む方法です。

上記の記事を参考にハピタスにアクセスしたら

「〇〇証券(自分が登録したい証券会社名)」で検索をかけ、ポイント案件をクリックしてください。

すると以下のような画面になると思います。

この「ポイントを貯める」をクリックすることでキャッシュバック付きで口座を開設することができるようになるのです。

投資において数千円をなんのリスクもなく得るのには時間がかかりますが、このような方法をとることでしっかりと節約をしつつ口座を持つことができるのです。

知っているのと知らないのでは大きな差ですよね。

ちなみにハピタスは、証券会社キャッシュバック以外にも「じゃらん」や「楽天市場」などとも提携し常にポイントを還元してくれる便利なサイトになっていますので、今後も定期的にくるメールをチェックし有効に活用してくださいね!

今ならハピタスに登録すると、キャッシュバックプレゼント中

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

個人情報登録


ハピタスのキャンペーンページから公式HPにアクセスし、その中で「新規口座開設」をクリックします。

以下のような情報登録ページが2-3枚続きますので、間違えることなく打ち込んでいきます。

全て完了すると個人情報の確認書類の提出が求められるので、

「Webアップロード」を選択し、「運転免許証や保険証など、現住所が書いてある本人確認書類」と「マイナンバーの書かれている書類」をアップロードします。

本人確認

数日すると、郵便局から封筒が届きます。

中には紙が入っており、こんな感じです。

内容は簡単に言うと、「郵便局に証券会社からのお届け物が来ています。本人確認書類を持って取りに来てね」ということです。

その紙を郵便局にFAXすることで家まで届けてくれるのですが、その時間に自分が家にいなくてはいけません。

なので、自分で好きなタイミングで郵便局に顔を出した方が良いでしょう。(受け取りは大体1週間以内、と言うルールがあります)

マイページへログイン

さあ、郵便局からの封筒を受け取ったでしょうか。

封筒の中には

NISA申請書
NISA申請用返信封筒
口座パスワードなどが書かれた紙

の3種類が入っていると思いますので確認してみてください(会社ごとに広告など追加で入っている場合があります)

その中には、

マイページのID
ログインパスワード
取引パスワード

などが書かれた紙とともに

「NISA申請書」が入っています。

NISA申請書にサインをし、本人確認書類のコピーを同封して封筒を送り返しましょう。

数日すると、確認のメールが届き、NISA口座の登録が完了します。

次の記事で運用方法の具体例を説明していきます。

ここまで読んでくれたあなたにオススメの記事  【2018年8月最新版】ポイントサイトから最もコスパよくANAマイルに交換するまでの方法を一から説明します
ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ