【陸マイラー必見】ANAのマイルを貯め、ほぼ無料で、かつビジネスクラスでハワイに行く方法

スポンサーリンク



マイルを最大限活用して、年に1回家族でハワイに行きたい

正規料金は?

ANAのサイトによると、

ハワイ 必要マイル

一人当たり、往復で81万7000円、仮に夫婦と子供1人で行くとすると移動費だけで250万円近くになってしまいます。

ハワイへの飛行機代を安くする方法=ANAのマイルを貯めて、チケットと交換する

マイルだとどのくらい貯めればいけるのか?

ANAのページによると、

ハワイ 必要マイル ANA

とあり、ローシーズン(混雑が少ない期間、主に冬や5.6月など)だと一人当たり60000マイルであることがわかりますね。

ということは、家族3人だと180000マイルが必要になります。

マイルを貯める方法4つ

1.飛行機に乗ることで貯める
2.クレジットカードの決済によって貯める
3.各種キャンペーンでマイルを貯める
4.ポイントサイトを通じて貯める

1.飛行機に乗ることで貯める

マイルを貯める ANA

羽田ー沖縄の往復では区間基本マイル100%が溜まる場合、984マイルが貯まります。

一回の搭乗で獲得できるマイルを増加させる方法はこちら

2.クレジットカードの決済によって貯める

クレジットカードの決済では、決済額のおよそ「0.5%〜1%」が貯まりますので、仮に年間200万円決済する場合年間で1万〜2万マイル程度を貯めることができます。

クレジットカード決済で1.5%以上のマイルを獲得する方法!

3.各種キャンペーンでマイルを貯める

クレジットカード キャンペーン マイル

上記のような、クレジットカード作成や更新によってマイルを獲得する、という方法があります。

現在のキャンペーンの中でも、以下のものが特にお得ですね。

キャンペーンサイト(執筆中)

4.ポイントサイトを通じて貯める

今回、特にオススメしたいマイルの貯め方です。自分自身、1から3で貯めるよりも10倍程度のマイルをこのポイント経由で貯めることができています。ポイントサイトでどのようにポイントを貯めるのか、についても説明して行きます。(画像はハピタスを例にしています)

ポイントサイト 仕組み
(ハピタスHPより)

ハピタスをはじめとしたポイントサイトは、掲載企業から「広告費」をもらっています。
ポイントサイトを訪れる我々は、その広告を見て(広告に誘導されて?)商品を購入します。
すると、ポイントサイトは、掲載企業からもらった広告費のうち一部を我々にポイントとして付与する、という仕組みになっています。

そのポイントをマイルにする方法は追って説明しています。

ポイントサイト 仕組み ショッピング ハピタス
(ハピタスHPより)

図のようにポイントを二重取りすることもできます。

ポイントサイト 仕組み ヤフオク! Rakuten Travel エクスペディア
(ハピタスHPより)

「ヤフオク」や「エクスペディア」のような有名なサービスにも活用でき、3-5%程度のポイントを貯めることができるのがポイントサイトの強みですね。

ポイントサイトについてはこの程度にして、実際のポイントサイトの中で自分が活用していてみなさんにも紹介して反響の大きいものを3つ紹介しておきます。

オススメのポイントサイト3つ        ()内は2017年11月現在の当サイトからの登録者

1.ハピタス(115名) :サイトはこちらから(今なら入会キャンペーン中!)
2.ちょびリッチ(98名):サイトはこちらから(今なら入会キャンペーン中!)
3.ポイントタウン(83名):サイトはこちらから

1.ハピタス

ハピタス マイル

じゃらん、やエクスペディアなど旅行サイトでも5%程度のポイントが貯まり、またクレジットカード案件(1件10000円以上も複数あり)も多数あるので、一番オススメできます。当サイトから登録することで現在であれば「1000pt(2017年11月現在)」、つまり1000円分貯まりますので、ぜひこの機会に登録しておくと良いと思います。

登録はこちらから(今なら1000円相当のポイント獲得可能!)。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

2.ちょびリッチ

ちょびリッチ

ハピタスに比べ際立っているのは、「モニターで貯める」という項目があることですね。

具体的には、
ちょびリッチ モニター

のように、食事をし、料理の写真やレシートの撮影をするだけで食事代の最大全額がキャッシュバックされる
というものになっています。

月に3回外食をし、1回につき10000円を使い、半額がキャッシュバックされると、月になんと15000円分ものポイントを貯めることができるのです。

15000円分のポイントを仮にクレジットカード決済のポイントで貯めようとすると150万円を使わなくてはいけません。このことからも、この「モニター」の価値が見えやすいのではないか、と思います。

登録はこちらから。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

3.ポイントタウン

上記二つでは扱っていないポイント案件などが補完されており、これら3サイトを登録しておくことで年間のマイルの溜まり方が異常なほど向上すると思います!!

以下のように、ハピタスやちょびリッチにはないポイント提携先が多数!

登録はこちらから。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

獲得したポイントをマイルに変換する方法

さて、上記3サイトでの活動によりポイントが溜まってきたところで、そのポイントを肝心のANAマイルに変換しなくては意味がありませんね。

ポイントの交換は様々な経路がありますが、今回はその中でもポイント交換効率がよく、手数料(マージン)を抜かれにくい経路を説明しますね。

手順は3つ。
1.ポイントサイトから「ドットマネー」へポイントを移行する
2.ドットマネーからメトロポイントに移行する(ANA To Me Card PASMO JCB 通常ソラチカカードの作成も同時に行う。)
3.メトロポイントからANAマイルに移行する

さて、一つ一つ順を追って説明してきましょう。以下はハピタスを例に説明しています。

1.ポイントサイトから「ドットマネー」へポイントを移行する

ハピタスの上部バー「ポイント交換」からドットマネーキフトコードを選択

ドットマネー

交換申し込み、を押すと、以下の画面になりますので、必要事項を記入して、次へをクリックします。
今回は10000pt交換することにします。
ハピタス マイル

そのあとは、画面の案内に従っていくと、3営業日でポイントの交換が完了します。

2.ドットマネーからメトロポイントに移行する(ANA To Me Card PASMO JCB 通常ソラチカカードの作成も同時に行う。)

ドットマネー

まずは、ソラチカカードの作成をしておきましょう。

→ソラチカカードの作成についてはこちら。

ドットマネーに変換が完了したら、次は上記ページから
「マネーをためる」→「メトロポイント」
と進みます。
メトロポイント マイル

その後は画面の案内に従って必要事項を記入すれば完了です。

3.3.メトロポイントからANAマイルに移行する

メトロポイント ANA マイル

ソラチカカードは、ポイントに9掛けしてマイルに変換できる、日本で最高効率のマイル交換手段となっています。
ただし、注意しなくてはいけないのは、「月に20000ptまでしか交換できないこと」。つまり月に18000マイルの変換が限度だということ。これゆえ、マイルに関する様々なブログでは「年間216000(18000×12)マイル貯める方法」などと中途半端な数字になっているのです。

一年で216000マイルを貯めることができるようになりました!

冒頭で述べたように、ハワイに家族三人で行くには「180000(60000×3)マイル」でしたね。無事に達成できました。

→マイルを旅行以外で活用する5つの方法はこちら(執筆中)

マイル→航空券へ

さて、ここからは

マイル→特典航空券

という最後の関門にあたります。

試しに、羽田→ハワイ(ホノルル)の特典航空券を調べてみましょう。

羽田 ホノルル 特典航空券

すると、お分かりのように、全ての便で「空席待ち」の表記が出てしまいます。
2ヶ月後の便の予約開始段階でこの有様ですので、人気のコースだと、予約を取るのが少し難しい面があります。

ちなみに、「羽田ー沖縄」ですと

羽田 沖縄 特典航空券

となっており、比較的空いています。

では、人気のコースの予約を早く取るためにできることは何か。

1.ANAブロンズ・プラチナ・ダイヤモンド会員であること

2.ANA Super Flyers Cardを持つこと

が考えられる2つの方法です。他にも一応あるにはあるのですが、自分含めて一般家庭の人間には到底縁のない話ですので、割愛します。

1.ANA上級会員であること

ANA 上級会員 ランク

ANAには「ブロンズ」「プラチナ」「ダイヤモンド」という会員制度があり、年間で「どれだけ飛行機に乗ったか」に応じて、それぞれの特典が与えられています。その中の一つが「特典航空券の早期予約」なのです。

→ANA上級会員が得られる特典とは??こちら(執筆中)

2.ANA Super Flyers Cardを持つこと

SFC カード 修行 Super Flyers Card

上記上級会員とかなり似た特典を得ることができるもので、特に「SFC」と呼ばれ、このカード欲しさに飛行機に乗る人も多いといいます(とか言う私もその1人なのですが笑)

→SFC修行のコースと費用について(執筆中)

まとめ

陸マイラーならば押さえておきたいポイントは、全て押さえてあると思います。
なにはともあれまずは
ポイントサイトへの登録と活用

ソラチカカードを用いた効率的マイル変換

特典航空券への変換

を忘れなければ問題なしです!

ここまで読んでくれたあなたにオススメの記事  ネット購入をさらに5%安くする方法「ハピタス」
ワンクリックにご協力お願いします!
ワンクリックで応援お願いします!m(._.)m にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。ワンクリックご協力お願いします。
こちらもクリックしてくれるととても嬉しいです
スポンサーリンク





もしよければ読んで見てほしいおすすめ記事4つ